海外ドラマ(ネタバレ) ベネディクト・カンバーバッチ パトリックメルローズ 原作 

カンバーバッチがカッコよくて見始めた
何とも衝撃的な内容に、「見てよかったのか?」それでもついつい引き込まれるのは、原作のすばらしさ?それともカンバーバッチの演技力???




 パトリックメルローズ 原作(ネタバレ)

パトリック・メルローズは貴族階級出身の破天荒なプレイボーイ。
少年時代父親から虐待を受けて育った。酒とドラッグに溺れる青年期を経て、父親の死をもってしてもトラウマを乗り越える事が出来ず長い間苦しむ。
理想の姿と現実とのギャップに悩み葛藤する姿が描かれている。舞台は1960年代の南フランス、1980年代のニューヨーク、2000年代初頭の英国に渡って描かれている
「パトリック・メルローズ」は4つの小説『Never Mind』『Bad News』『Some Hope』『Mother’s Milk』と2012年に発表された『At Last』により成り立っています。ドラマでは、一回の放送で1作品を描いています。

『Never Mind』では、パトリックの幼少時代に父親から虐待を受けたストーリー。母親も夫を怖がっている。

怖すぎる~怖いけど見ちゃう。でもこれ子供時代に1度でも見たらトラウマになる。子供を怖がらせるってこういう事なのか(驚)
そして父親も異常だ。きっと彼も子供のころ何かあったんだろう

『Bad News』では父親が亡くなったと聞いて父の元へ帰るストーリー。大人になっても父親のトラウマから抜けられずドラッグ中毒になっている。

飛びすぎ!薬、薬、薬、酒、女
ちょっとアメリカのヤンキーかと思っていたけど、根が深いようだ。
カンバーバッチの目の演技に引き込まれる

『Some Hope』ではロンドンで過ごすパトリックに、薬物中毒から彼が回復する兆しが訪れる。

映像が美しい。カメラワークがいいんだね~
暗い話なのに、音楽と映像で楽しませてくれる

『Mother’s Milk』ではパトリックは自身が幼い頃に育ったフランスのシャトーに戻ります。現パトリックは結婚し、子育て、不倫、母親との関わりに新しい悩みを抱えている。



ベネディクト・カンバーバッチ

生年月日 1976年7月19日(44歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド・ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 183㎝
配偶者 ソフィー・ハンター

パトリックを演じた ベネディクト・カンバーバッチさん
映画を見る方なら語損だと思う、あのシャーロックホームズに出演していた俳優さんです。

ちょっと個性的な顔立ちは印象に残りますね~

そして手足がひょろひょろしているのも特徴的
ちょっとキアヌ・リーヴスを思いおこす、さびしそうな眼差し。

カッコいい

2010年、BBC『SHERLOCK(シャーロック)』でシャーロック・ホームズを演じ、英国アカデミーテレビ賞主演男優賞にノミネートされた。
2011年にはスティーヴン・スピルバーグ監督の『戦火の馬』に出演。
映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(日本公開は8月23日)ではカーン・ノニエン・シンを演じ、「世紀の悪役」として世界中から絶賛

シャーロック・ホームズは当たり役!イギリス人だし、ワトソンとのやり取りもぴったり。
ちょっと馬鹿にしながらも頼って言いコンビだった(^^♪




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする